日焼け対策には日焼け止めクリームと生活習慣

シミや黒ずみになりやすい日焼け対策にはやはり予防からということで日焼け止めクリームが一番効果的だと感じます。

 

紫外線が多くなる春先からも外出して日差しを多く浴びそうなときは欠かさずに日焼け止めクリームを塗っておくのがお勧めです。いろんな種類のものがでているので、自分にあったものを選ぶといいと思います。

日焼け止めのおすすはクリームタイプ

私は液状の薄いタイプのものよりもクリーム状のしっかりと塗れるタイプのほうが効果があるのではと思ってクリームタイプのものを使用しています。

 

日焼け止めクリームは小さな容器に入っているものもあるのでそういうものは携帯用にかばんに入れておくといいと思います。

 

普段の生活でも日焼け対策

また生活習慣そのものも日焼けを意識して対策を取っています。

 

例えば日差しが強い日は必ず帽子をかぶるようにしていますし、夏の日差しが強すぎる日はあえて長袖で対応することもあります。

 

仕事もできるだけ室内でするようにして、たとえ屋外での作業などがあった時もできるだけ日陰を選ぶようにしています。

 

通勤時や信号待ちの時でさえ、意識的に日陰に入るようにして紫外線を浴びる量を減らす努力というのが大切かと思います。

 

できてしまったシミはなかなか落ちませんが根気よく錠剤を飲んだりビタミン類を取るようにして長くケアすれば薄くなったり、なくなったりしてくれることもあります。

 

特に老化によるシミでなく日焼けの紫外線による一時的なシミはそのまま残るよりも薄くなったり、消えたりする可能性が高いのであきらめないで対策することも大切です。

関連ページ

運動会でも日焼け止めはしっかりしましょう!
日焼け止めを使用するには訳があります。私が小学生のころ、運動会では日焼け止めもせずに、肌に何もクリームなどを付ける習慣がなかったので運動会終了の時には、必ず日焼けをしていました。
日焼け対策はいろいろあるけれど帽子が一番
夏になると、どうしても気になってしまうのが日焼けです。若い時には、日焼けなんて気にもしなかったのが、30歳を過ぎたあたりから、外出時には日焼け対策はかかせない存在になっています。
シミ対策用のサプリメントで予防!
夏になるとシミ対策には万全の対策を練るようにしています。毎年、年齢がいくほどシミはきになるもの。UVケアはもちろんのこと、こまめに日焼け止めを塗り替えるのは面倒なのですぽれー対応の持ち運び用のものを鞄に常備。
UVカットのカーテンで家の中でも日焼け対策
私が住んでいるマンションは、リビングが南側にあるので日当たりが良く、窓も大きいため昼間は部屋がとても明るい所が気に入っています。夏場は太陽が高いのとベランダのおかげで、リビングに直接日が入ることはないですし、冬場は太陽が低いためかなりリビングに日が入り、冬でも暖かいです。
日焼け止めクリームの下に乳液を塗り込む!
日焼け対策には、もちろん日焼け止めクリームなどを使うことが何より大切です。でもなかなかそれだけで、抑えきれないこともありますよね。
色んなアイテムで日焼け対策。カーディガンが便利
今年の春ごろから、色んなアイテムを使って日焼け対策をしてきました。一番簡単にできたのが日焼け止め・日傘・UVカットカーディガンです。
日焼け対策は陽に当たらない事です。
私はアラフィフですが色白であまりしわがありません。シミは日焼け以外の要因で多少ありますが、肌年齢は若いと思います。
私は「ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド」を使用
わたしが使っているのは「ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド」 これ、スーッと伸びてとても良いです
うっかり忘れる足元の日焼け止めには、タイプを吟味して!
全身くまなく気を付けているようで忘れてしまう部分も出てしまう日焼け対策。手の甲や首回り、そして足元部分。こうした漏れが出やすい場所の対策も忘れたくはないものです。
太陽の光を浴びつつ日焼け止め?
いきなり矛盾したことを書きますが僕は朝起きてまず10分くらい日光浴をします。というのも太陽の光を浴びなさすぎるのも良くないからです。