なぜ、紫外線はシミの原因になってしまうのか

紫外線は目に見えないため、どれくらいの紫外線を浴びてしまったのか、自分では全くわからないですよね。
紫外線を浴びることがシミの主な原因であるとされていますが、紫外線を浴びてしまっても、すぐにシミができてしまうというわけではないため、あまり紫外線を気にしていないという方も多いのではないでしょうか。
たとえば、10代の頃に紫外線対策を全くすることなく肌を焼く事(日焼け)を楽しんでいた女性が、30代になってシミで悩んでいる、なんて話を聞いたことがありますが、何年も前浴びた紫外線の影響があらわれ始めたということです。
紫外線を浴びることが、なぜシミの原因になってしまうのか、そのメカニズムについてご説明しましょう。

 

メラニン色素とターンオーバー

紫外線のダメージを受けた肌は、自分自身を守るためにメラニン色素を発生させます。
メラニン色素が発生するということは決して悪いことではなく、肌を守るために必要なものです。
そして、肌の奥で発生したメラニン色素は、ターンオーバー(新陳代謝)によって排出されます。
これらは、肌が持つ機能がしっかりと正常に働くことができているという証拠です。
しかし、肌の機能が低下したり、ターンオーバーが乱れたりすると、肌の奥で発生したメラニン色素が十分に排出されず、蓄積されてしまうことによってシミとなってあらわれてしまうのです。

紫外線によるシミ対策はどうする?

全くシミのない人はいません。
しかし、紫外線対策をしている人としていない人とではシミの数や濃さが大きく違います。
一度できてしまったシミは、サプリメントや美白化粧品を使っても消し去ることはできず、レーザー治療などを受けなければなりません。
そうなってしまう前に普段からしっかりと紫外線対策をしておくことが必要なんです。

 

日焼け止めを塗る

夏場は日焼け止めを塗る方が増えますが、紫外線は一年を通してありますし、冬場も、曇りの日も雨の日も紫外線対策が必要です。
日焼け止めを塗ることで肌の外側からしっかりと紫外線をカットすることができますし、クリームタイプ・ジェルタイプ・乳液タイプなど、お好みの使用感で選ぶことができます。

 

日焼け止めサプリを飲む

世界中で注目されている日焼け止めサプリですが、海外製だけではなく、日本人向けに作られた日本製の日焼け止めサプリも販売されるようになりました。
紫外線をカットする効果のある有効成分だけではなく、豊富な美容成分を配合しているサプリメントもあり、カラダの内側から肌を守ることができます。
日焼け止めを塗ることができない頭皮や目などの紫外線対策もすることができ、肌へのストレスもなく、愛用する女性が増えています。

関連ページ

おすすめの紫外線対策は?
日焼け止めサプリやクリームと合わせて行いたい紫外線対策。今回はおすすめの紫外線対策を紹介します!
目の紫外線対策で日焼けを防ぐ
目の紫外線対策で日焼けを防ぐ!おすすめのUVケア目薬を紹介します。