飲む日焼け止めのデメリットは?

飲む日焼け止めのデメリットとしては下記の3つがあります。

  • 完璧なUV対策ができる訳ではない
  • 価格が少し高い

日焼け止めクリーム同様に飲む日焼け止めを飲んだとしても100%の紫外線対策ができている訳ではありません。そのため、海や外に長時間いるときなどは日焼け止めクリームと併用して使う人も多いです。

 

クリームと合わせることで肌に与える紫外線ダメージをより防ぐことができるようになります。

 

3番目の個人輸入に関しては一昔前までのデメリットとなります。少し前は飲む日焼け止めは日本では発売がされていませんでした。そのため、海外から個人的に輸入をしている人も多かったです。

 

今でも「ヘリオケア」や「paba」と呼ばれる日焼け止めサプリを輸入して利用をしている人もいますが、日本製のを使うことで購入の手間はかかりません。

口コミでデメリットとしてかかれることが多い価格の理由

飲む日焼け止めの口コミでもデメリットとしてかかれることが多いのが価格の部分です。安いものでも1ヶ月使う分量となると6000円程度するものが多いです。

 

どのサプリに関しても同じような値段となるのですがそれには理由があります。

 

配合されている有効成分がニュートロックスサンと呼ばれるものになります。この成分が作られたことによって紫外線対策としての効果があるのですが、海外の企業によって製法が特許拾得されています。

 

日本製のサプリに関しても有効成分であるニュートロックスサンは自社で作っている訳ではなく仕入れていることになります。そのため、安い価格のが販売がされていないのですね。

 

最大のデメリットである価格に関しては今後改善がされることがないのではないかと思います。

その他3大デメリット

主成分が「ニュートロックスサン」である場合のデメリット

ニュートロックスサンを主成分とする日焼け止めサプリは、「服用を避けた方が良い人」がいます。
  • 妊娠中の女性
  • 授乳中の女性
  • 高血圧の方
この3つに当てはまる場合、日焼け止めサプリの服用は避けた方が良いでしょう。 ローズマリーには「子宮に刺激を与える」「血圧を上昇させる」などの作用があるからです。 日本製の日焼け止めサプリの主成分は、ニュートロックスサンであることがほとんどです。 ニュートロックスサンとは、天然のポリフェノールであり、シトラス果実とローズマリー葉から抽出されたものです。 天然の成分であるため、薬のような副作用を心配する必要はなく、アレルギーを引き起こしにくいとされています。

4歳以下の子供が摂取する場合のデメリット

日焼け止めサプリは錠剤タイプやカプセルタイプがほとんどです。 錠剤やカプセルを上手く飲み込むことができない子供が日焼け止めサプリを服用することには危険が伴いかねません。 一般的にサプリメントは補助食品として取り扱われていますが、臓器が未発達である子供が服用することは、あまりおすすめすることができません。 紫外線対策として日焼け止めサプリを服用させたい場合には、かかりつけの小児科医など医師に相談しましょう。

薬を服用されている場合のデメリット

日焼け止めサプリは基本的には副作用が引き起こされる心配はありません。 これまでに副作用の報告もありません。 しかし、病気の治療などのために薬を服用している場合、飲み合わせの悪さから副作用が引き起こされてしまう可能性があります。 薬を服用されている方が日焼け止めサプリを服用する場合、かかりつけの医師に相談しましょう。

関連ページ

日焼け止めサプリの魅力
海外で話題となり、日本でも人気が出つつある「飲む日焼け止めサプリ」の魅力を紹介します。
日焼け止めサプリの効果
飲む日焼け止めサプリ 効果
重要な3つの成分
日焼け止めサプリには様々な成分が入っていますが、主に重要な成分は3つあるといわれています。その3つの成分について詳しく説明します。
日焼け止めサプリのメリット
飲むだけで紫外線対策ができる「飲む日焼け止め」の利用者も多くなってきました。特に敏感肌の人や朝早くに起きるのがつらいって人にはかかせないUVケアになりつつあります。
副作用の可能性はある?
今、日本でも知名度が上がってきている日焼け止めサプリ。いいことだけでなく、副作用も知りたい!という人はこのページをご覧ください。
日本産がいい理由
海外の日焼け止めサプリより日本産がいい理由様々です。このページでは日本の日焼け止めサプリと海外の日焼け止めサプリを比較しながらメリット・デメリットをご紹介します。
日焼け止めサプリとクリームの併用
大注目されている飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)ですが、サプリメントを飲んでいれば塗る日焼け止めは必要なくなる、というわけではありません。 塗る日焼け止めにも飲む日焼け止めにもそれぞれにメリットやデメリットがあり、それぞれのメリットが、それぞれのデメリットを補ってくれます。
日焼け止めサプリはアマゾンでも売っている?
日焼け止めサプリはアマゾンでも売っています。しかし、アマゾンの場合、代理店が販売していることが多く、必ず正規品が届くとは限りません。そのため、公式ページでの購入をお勧めしています。
飲む日焼け止め 安全性は大丈夫?
飲む日焼け止めの安全面が気になる方はできる限り日本産の日焼け止めサプリをお勧めしています。その理由を紹介します。
飲む日焼け止めサプリで紫外線対策!
今人気話題中の飲む日焼け止めサプリ。口コミをもとに徹底比較してみました!
飲む日焼け止めを皮膚科で販売してる病院まとめ
飲む日焼け止めとは皮膚科などの病院でも販売がされています。主に病院で販売されているサプリが「ヘリオケア」になります。スペイン産の飲む日焼け止めサプリで世界30カ国以上もの病院に提供がされている有名な日焼け止めとなります。