飲む日焼け止めのメリットを事例とともに紹介します!

飲むだけで紫外線対策ができる「飲む日焼け止め」の利用者も多くなってきました。

 

特に敏感肌の人や朝早くに起きるのがつらいって人にはかかせないUVケアになりつつあります。皮膚科医で推奨している人もいるだけあって、これからどんどん使う人が増えてくるのが予想されます。

 

これから使ってみようかと思っている人は飲む日焼け止めのメリットやデメリットを理解していない人も多いかと思います。そのため、ここではどんなデメリットなどがあるのか具体的な事例もまじえて解説していていきます。

 

飲む日焼け止めを使ってみようか少し考えている。
そんな方はこのままご覧頂ければと思います。

飲む日焼け止めのメリット

利用者が増えているだけあって、飲む日焼け止めのメリットは非常に多いです。主に下記の5つがメリットといえるでしょう。

 

  • 手間がかからない
  • 塗り直しの必用がない
  • 肌に優しい日焼け止め
  • UV対策をする時間がかからない
  • 臭いを気にしなくて良い

 

今まで紫外線対策として利用されてきた日焼け止めクリームには科学薬品が配合されていたり、肌荒れを起こす人も多かったです。しかし、肌に優しい日焼け止めとなるので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

 

また、クリームを塗る手間が全くかからないのでUVケアの時間をほとんど必要としないです。

 

クレンジングも必要なければ、コンビニ程度の軽い外出でも水を用意して飲めば良いだけなのでお手軽なのですね。

飲む日焼け止めがあると助かる具体的な場面

メリットとして5つ紹介をさせて頂きましたが、ここでは具体的などんな場面で役立つのか紹介していきます。より使いはじめた際のイメージをわくことができるはずです。
  • スポーツや汗っかきの人でもクリームが落ちる心配がない
  • 朝の通勤時など急いでるときでもすぐに紫外線対策が可能
  • 海や長時間の外出の際にはクリームと併用で使い紫外線ダメージをよりブロック
  • 敏感肌で肌荒れする人でも紫外線対策ができる
  • 日焼け止めクリームのように塗りなおす必用がない
手間がかからない、肌に優しい、塗り直さない、汗に強いなどのメリットがあるため様々な場面で役立てることができます。

飲む日焼け止めサプリはさらに様々なポイントもあります!

ベタベタしない日焼け止め

日焼け止めサプリは不快感が一切なく、楽に紫外線対策をすることができます。 一般的に日焼け止めというとクリームタイプを思い浮かべるのではないでしょうか。 以前はベタベタするものばかりでしたが、最近ではミルクタイプが発売されるなど、日焼け止めを塗ることの不快感は軽減されたように感じます。 しかし、軽減されただけであって、全く不快感がなくなったわけではありません。 日焼け止めサプリには、日焼け止めクリームのようなベタベタ感もなく、“サラサラ感”というキャッチコピーに惹かれて買ったのに使ってみたら少しベタベタが残る、なんて失敗もありません。 これまで日焼け止めを塗ることでベタベタするなどの不快感に悩まされていた方に、肌への不快感なく紫外線対策ができる日焼け止めサプリがおすすめです。

どんな肌質の方でも使用できる

日焼け止めサプリは服用するものであり、肌に使用するものではないため、どんな肌質の方にも使用していただくことができます。 敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方、ニキビでお悩みの方、日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまうという方など、日焼け止めを塗ることで肌トラブルが起きてしまう方にも、日焼け止めサプリなら安心して使用していただけるのです。 日焼け止めは一年を通して毎日使用するものなので、肌に合わないものを使用することはできませんよね。

塗りなおす必要がない

日焼け止めサプリなら、一日の間に何度も日焼け止めをぬりなおすという面倒は一切ありません。 塗りなおす時間がなかったことで日焼けしてしまい、シミができてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 塗りなおす時間があったとしても、一日に何度も塗りなおすのは面倒ですし、その度に肌に摩擦を与え、それもまたシミやシワの原因になってしまうことがあります。

日本の医療機関で処方されている

日焼け止めサプリは、美容皮膚科などの医療機関で処方してもらうことができます。 以前は海外のみで販売されており、通販サイトなどを使って輸入する必要がありました。 英語で表記されたサイトであるため、英語を理解していなければ購入することができませんでした。 多くの日焼け止めサプリは海外製ですが、日本の医療機関で処方されているのですから、品質の良い安全性に優れたものだということがわかるかと思います。 また、日本製の日焼け止めサプリもありますので、お好みで選ばれても良いのではないでしょうか。

副作用を心配する必要はありません

日焼け止めサプリの主成分は植物から抽出さあれており、これまでに副作用の報告はされていません。 また、サプリメントとは補助食品であり、薬ではありません。 一般的に多く使用されている日焼け止めクリームによる肌トラブルは副作用であると言えますが、日焼け止めサプリによる肌トラブル・頭痛・吐き気・下痢・胸やけなど、副作用の報告はありませんので、安心して使用することができます。

全身を紫外線から守ることができる

日焼け止めサプリは全身を紫外線から守ることができます。 日焼け止めクリームは塗った場所のみを紫外線から守ることができるものであり、頭皮や目などの日焼け止めクリームを塗ることができない場所は紫外線にさらされたままです。 目から紫外線が入ることによって全身に広がるとされており、日焼け止めクリームを塗るだけでは不完全なんです。

海もプールもOK

海やプールで泳ぐときも、汗をたくさんかいてしまうときも、日焼け止めサプリなら効果が落ちることはありません。 日焼け止めクリームをどんなに塗っても、海やプールで泳いだり、汗をかいてしまっては流れ落ちてしまい、効果が薄れてしまいます。 意外と忘れてしまいがちな露天風呂での紫外線対策も、日焼け止めサプリなら可能です。

関連ページ

日焼け止めサプリの魅力
海外で話題となり、日本でも人気が出つつある「飲む日焼け止めサプリ」の魅力を紹介します。
日焼け止めサプリの効果
飲む日焼け止めサプリ 効果
重要な3つの成分
日焼け止めサプリには様々な成分が入っていますが、主に重要な成分は3つあるといわれています。その3つの成分について詳しく説明します。
日焼け止めサプリのデメリット
飲む日焼け止めの口コミでもデメリットとしてかかれることが多いのが価格の部分です。安いものでも1ヶ月使う分量となると6000円程度するものが多いです。
副作用の可能性はある?
今、日本でも知名度が上がってきている日焼け止めサプリ。いいことだけでなく、副作用も知りたい!という人はこのページをご覧ください。
日本産がいい理由
海外の日焼け止めサプリより日本産がいい理由様々です。このページでは日本の日焼け止めサプリと海外の日焼け止めサプリを比較しながらメリット・デメリットをご紹介します。
日焼け止めサプリとクリームの併用
大注目されている飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)ですが、サプリメントを飲んでいれば塗る日焼け止めは必要なくなる、というわけではありません。 塗る日焼け止めにも飲む日焼け止めにもそれぞれにメリットやデメリットがあり、それぞれのメリットが、それぞれのデメリットを補ってくれます。
日焼け止めサプリはアマゾンでも売っている?
日焼け止めサプリはアマゾンでも売っています。しかし、アマゾンの場合、代理店が販売していることが多く、必ず正規品が届くとは限りません。そのため、公式ページでの購入をお勧めしています。
飲む日焼け止め 安全性は大丈夫?
飲む日焼け止めの安全面が気になる方はできる限り日本産の日焼け止めサプリをお勧めしています。その理由を紹介します。
飲む日焼け止めサプリで紫外線対策!
今人気話題中の飲む日焼け止めサプリ。口コミをもとに徹底比較してみました!
飲む日焼け止めを皮膚科で販売してる病院まとめ
飲む日焼け止めとは皮膚科などの病院でも販売がされています。主に病院で販売されているサプリが「ヘリオケア」になります。スペイン産の飲む日焼け止めサプリで世界30カ国以上もの病院に提供がされている有名な日焼け止めとなります。