みんなの日焼け対策・日焼け予防一覧記事一覧

日焼け止めを使用するには訳があります。私が小学生のころ、運動会では日焼け止めもせずに、肌に何もクリームなどを付ける習慣がなかったので運動会終了の時には、必ず日焼けをしていました。子供の通う小学校の習慣子供の通う小学校では、運動会の時には日よけにビーチパラソルを各家庭から持って行き日よけに使うという、ほかの小学校では見慣れない習慣があります。元々引っ越してきてから、この習慣を知らない私は運動会の見学...

夏になると、どうしても気になってしまうのが日焼けです。若い時には、日焼けなんて気にもしなかったのが、30歳を過ぎたあたりから、外出時には日焼け対策はかかせない存在になっています。日焼け対策商品は数多く発売されていますが、夏に使用する一番の日焼け対策として力を発揮してくれるのは、帽子だと思っています。帽子のいいところは頭をしっかり守ってくれること!帽子の良いところは、帽子をかぶっても暑くならず、むし...

夏になるとシミ対策には万全の対策を練るようにしています。毎年、年齢がいくほどシミはきになるもの。UVケアはもちろんのこと、こまめに日焼け止めを塗り替えるのは面倒なのですぽれー対応の持ち運び用のものを鞄に常備。気になったらしゅっとひと吹きかけるだけでも日焼け効果は抜群。毎日かかさずシミのケア用のサプリメントにシミ予防もしてくれるので、朝晩かかさず飲むことにしています。これを飲んでからは少ししみがふえ...

私が住んでいるマンションは、リビングが南側にあるので日当たりが良く、窓も大きいため昼間は部屋がとても明るい所が気に入っています。夏場は太陽が高いのとベランダのおかげで、リビングに直接日が入ることはないですし、冬場は太陽が低いためかなりリビングに日が入り、冬でも暖かいです。でも、冬場は午前中にリビングでくつろいでいると、眩しいくらいに日が入るため、家の中での日焼けが気になりました。家ではほぼすっぴん...

日焼け対策には、もちろん日焼け止めクリームなどを使うことが何より大切です。でもなかなかそれだけで、抑えきれないこともありますよね。あまりに日差しが強いときとかは、途中で日焼け止めが落ちてしまって効力がなくなってしまったとか。日焼け止めクリームを塗っていても、肌が焼けてしまったとか。私は肌も弱いほうなので、絶対に失敗したくないと、色々と調べました。実際に実践して効果があった日焼け対策そして実際に実践...

今年の春ごろから、色んなアイテムを使って日焼け対策をしてきました。一番簡単にできたのが日焼け止め・日傘・UVカットカーディガンです。面倒くさがりな私は日焼け止めを毎日塗るように意識してはいても、体調がすぐれていないと「今日はいいか…」と体に塗るのをサボることが時々あります。そういうとき、日傘やUVカットカーディガンがあると頭上にかざすか袖を通すだけでも日焼け対策になるのでかなり重宝しました。日焼け...

私はアラフィフですが色白であまりしわがありません。シミは日焼け以外の要因で多少ありますが、肌年齢は若いと思います。日焼け対策は子供のころから母親に注意をされていました。必ず帽子をかぶること、日焼け止めを塗る事はいつも言われていました。母親は日焼け対策をしなかったためにもともとの色黒もありますが、シミやそばかすが顔じゅうにびっしりとできており、しわやたるみも早くからできていました。そのせいか、もとも...

シミや黒ずみになりやすい日焼け対策にはやはり予防からということで日焼け止めクリームが一番効果的だと感じます。紫外線が多くなる春先からも外出して日差しを多く浴びそうなときは欠かさずに日焼け止めクリームを塗っておくのがお勧めです。いろんな種類のものがでているので、自分にあったものを選ぶといいと思います。日焼け止めのおすすはクリームタイプ私は液状の薄いタイプのものよりもクリーム状のしっかりと塗れるタイプ...

わたしは今まで、それほど日焼け対策をしてきていませんでした。日焼けしても、また冬になれば白くなるだろうと…。けれど、妊娠し、出産して、子育てに追われる中で、ふと自分の顔を鏡で見て、愕然としました!目の下にシミがたくさん!こんなにも!?今まで日焼け対策をしていなかったことに後悔…。こんなにもシミが増えてしまうなんて…。これではもう、日焼け対策をもうおろそかにすることはできません!それからは、必ず外に...

全身くまなく気を付けているようで忘れてしまう部分も出てしまう日焼け対策。手の甲や首回り、そして足元部分。こうした漏れが出やすい場所の対策も忘れたくはないものです。首回りや手の甲にはまだ対策は簡単。手の甲までカバーできるUV対策品は年々増えてきていてファッショナブルにもなってきていますし、また対策品をつけられなくてもBBクリームを顔や首筋だけでなく手の甲にも塗ることで対処ができます。ただどうしても漏...

いきなり矛盾したことを書きますが僕は朝起きてまず10分くらい日光浴をします。というのも太陽の光を浴びなさすぎるのも良くないからです。朝の紫外線が弱い時間帯に日光を浴びることで日焼けを防ぎ、幸福感や安心感をもたらすセロトニンや、体内時計を整えるメラトニンというホルモンの分泌、他にも日光には様々な効果があります。そして気持ちの良い状態で通学しています(^_^)外出するときの日焼け対策は季節により違う外...

30代の主婦です。20代後半のときにワーキングホリデーで南フランスに行ったことがあり、現地の人の真似をしてガンガン日焼けをしたら顔だけでなく腕にも脚にもシミが残りました。海外では日焼けをしていることはおしゃれなので、シミがある肌も受け入れられているのですが日本人には似合わないと実感しました。ニキビができたところも日焼けのせいで大きなシミが残ってしまい帰国後はシミ対策をするようになりました。美白美容...

朝早くに家を出て遅く帰る人はあまり日焼けの心配はありませんが、太陽の光がまぶしい時間に行動する人は何かしらの日焼け対策が必要です。例えば通勤に15分も歩けばいつの間にかファンデーションの色がしっくりなじまなくなっていたりするものです。主婦が買い物に自転車に乗っていると手の甲が焼けてシミができていたり、洗濯物を干していても結構強い光を感じます。学生は新陳代謝が活発ですから冬になると綺麗な白い肌に変わ...

私の日焼け対策必需品は、つば広ハットです。女優帽とも言われているモノです。以前は、日傘や普通の一般的な帽子を使用していました。しかし、全方位からくる日差しを防ぐにはイマイチ効果が物足りないのです。日傘は人が多い所では邪魔になり、嫌がられます。そして、一般的な帽子(つばが普通サイズのもの)だと、ちょっとした角度で顔に日差しが当たる事も…。実際に帽子をかぶっていたにも関わらず、顔が赤く焼けるという経験...

日焼け止めを使用するには訳があります。私が小学生のころ、運動会では日焼け止めもせずに、肌に何もクリームなどを付ける習慣がなかったので運動会終了の時には、必ず日焼けをしていました。子供の通う小学校では、運動会の時には日よけにビーチパラソルを各家庭から持って行き日よけに使うという、ほかの小学校では見慣れない習慣があります。元々引っ越してきてから、この習慣を知らない私は運動会の見学に日よけ対策を全くせず...

いきなり矛盾したことを書きますが僕は朝起きてまず10分くらい日光浴をします。というのも太陽の光を浴びなさすぎるのも良くないからです。朝の紫外線が弱い時間帯に日光を浴びることで日焼けを防ぎ、幸福感や安心感をもたらすセロトニンや、体内時計を整えるメラトニンというホルモンの分泌、他にも日光には様々な効果があります。そして気持ちの良い状態で通学しています(^_^)外出するときは季節によって対策を変えていま...

私の日焼け対策は、日傘と帽子とサングラスの3点セットです。以前は日傘だけでしたが、帽子を加えた方がより紫外線対策がパワーアップするので、UVカット済の帽子をかぶるようになりました。帽子はつばの広いタイプで、上からの日差しをかなり遮ってくれます。首の後ろもツバ広なので、顔と首回りの日焼け対策にかなり効果的だと感じています。日傘と帽子で、首やデコルテの日焼けをしなくなりました。さらに去年からは、サング...

わたしは、小さいころから外で遊ぶのが大好きです。なので、気づいたら小学2年生の頃から鼻の頭にそばかすが出来ていました。鏡で見たとき、小学生ながら私はショックでした。わたしの肌は、白くて日焼けをしても赤くはれる感じになります。皮膚のかわもむけるのですが、肌の色は黒くはなりません。シミになる体質だと思います。それからは、日焼けをできるだけしないように心がけていました。10代のころは、安い日焼け止めを体...

わたしは、40代の主婦です。昔から、肌が色白で日焼けをすると黒くなる体質ではなく赤くなる体質でした。子供の頃は、日焼け止めなどわからないので腕や背中の皮膚が向けて痛かったのを覚えています。とにかく、わたしは幼少時代外で過ごすことがだいすきだったので日焼けをしていたほうだと思います。小学校2年生の時には、鼻の頭にそばかすができてしまったのです。鏡をみたとき、こどもながらにショックでした。そのころから...

日差しが気になり出す4月以降、私は日焼け対策とシミ対策に力を入れ始めます。朝、保湿重視のスキンケアをした後、保湿クリームが充分に肌に浸透したら、SPF50・ウォータープルーフの日焼け止めを、顔・首・デコルテに、丁寧に塗ります。半袖の時期は、もちろん、両腕にも日焼け止めを塗るのは、マストです!(SPF50・ウォータープルーフの日焼け止めは、肌が乾燥しやすいのが難点なので、しっかり保湿する事がポイント...

私の肌は色白なので、一度シミが出来るととても目立ってしまう事もあり、日焼け対策にはいつも力を入れていました。春夏だけでなく、一年中日焼け止めを塗っていますし、毎晩のスキンケアでは美白美容液を取り入れて、新たなシミが出来ないように心がけています。最近ではこれらの日焼け対策に加えて、日傘を使うようになりました。するとその効果をしみじみと感じたので驚きでした!私が愛用している日傘はただの日傘では無く、紫...

顔や腕、足など肌を出している部分に日焼け止めを塗るのはもちろんですが、目から受ける紫外線に気をつけています。具体的にはサングラスをしたり、コンタクトレンズをUVカットのものを使っています。毎日車の運転や、通勤で歩きますし、休日は山に登ったり、ランニングしたりなどアウトドアが趣味なので紫外線を浴びる量は決して少なくないと思います。以前は外から帰ってくると、動いた量以上にとても疲れてグッタリしていまし...

私は去年ぐらいから紫外線対策に対して以前より慎重になりました。きっかけは友達の家で髪の毛を比べ合いっこしていたときのことです。髪の毛を誉められていた私がつい調子に乗って喜んでいたら、髪をかき分けられ頭皮を見られました。とそのとき、「うわ、頭皮はこんなに白いのに顔はかなり黒いよね、顔焼けてるね」と友達に言われてしまいました。ということは顔の日焼け対策がしっかりできていなかったということですよね。ちょ...

私は焼けると赤くなって、ヒリヒリして少し黒くなるタイプです。辛いですよね。そばかすも元々多いし、これ以上増えないように美白ケアを、気をつけています。たくさん保湿して、夏でも乾燥させないように、ベタつくのが不快でもこれでもかと塗っています、笑日焼け止めは、ベタベタしないものが好きで、手で塗っても手がへんな感触にならないものが好きです。日焼けはシミだけではなく、シワやたるみの原因になるのでなるべく日傘...

私は以前から日焼けが嫌いで、なぜかというと元から肌が白いせいか日焼けをすることによって肌が火傷したように真っ赤になってしまい数日間痛みに悩まされる日がよくあっていろんなサイトや、クリームなどで対策を練ってきましたが、正直クリームはベタベタして気持ち悪いし時間が経つといつの間にかクリームが取れていたりとかなり不都合があり、あまりクリーム関係などはおすすめできません。日傘もすごくいいと思いますが、腕が...

私はよく「肌、白いね」と言われます。数少ない私の自慢のひとつです。幼い頃は家でゲームをするより外で遊ぶ子どもでしたし、学生時代は運動部で真っ黒に日焼けしていました。そんな私も年齢を重ねていくにつれ、少しずつ肌を気にするようになり、シミやそばかすが怖くて日焼け止め対策に力を入れるようになりました。日焼け止めクリームは、肌への負担を考えて季節によって変えています。以前は夏だけ塗れば大丈夫だと思っていた...

私の肌は生まれつき色白で、人によっては良いのかもしれませんが自分自身では「もっと健康的な小麦色にしたい!」という気持ちが強い人間でした。ですので十代の頃などは敢えて日焼けをするようにして、日差しを浴びる様に頑張っていました。ですが、段々と歳を重ねるごとに気付いたのですが、私、以前に日焼けした部分にシミが出来やすくなりました。色白の肌でいるよりも、シミの多い肌でいる方が断然に気になって仕方がないので...

日焼け対策のために日焼け止めを塗っています。日焼け止めは塗り方に気をつけています。国際SPF測定法基準では、1平方センチメートルあたり2mg塗ることと定められています。一般的なシートマスクは300~400平方センチメートルほどなので、顔全体の面積は400平方センチメートルほどです。顔全体に日焼け止めを塗るには、800mgほどが必要になります。普段たっぷりと日焼け止めを塗っている方は少ないと思います...

日焼け対策のために日焼け止めを塗っているのですが、それだけでは安心できないので、他のグッズも活用して日焼け対策をしています。顔に当たる紫外線を防ぐためには、帽子を活用しています。帽子はつばが広いもので、顔全体が影になるようなものを被っています。顔の横からも紫外線は当たるので、顔の横にも広めのつばがついているものです。素材にも注意をしています。麦わら帽子のような生地にすき間があるものだと、すき間から...

わたしは今まで、それほど日焼け対策をしてきていませんでした。日焼けしても、また冬になれば白くなるだろうと…。けれど、妊娠し、出産して、子育てに追われる中で、ふと自分の顔を鏡で見て、愕然としました!目の下にシミがたくさん!こんなにも!?今まで日焼け対策をしていなかったことに後悔…。こんなにもシミが増えてしまうなんて…。これではもう、日焼け対策をもうおろそかにすることはできません!それからは、必ず外に...

私の日焼け対策は極力日中外を出回らない事です。太陽がギラギラ照り付けるような日は極力外へ出ないことにしています。どんなにしっかり日焼け対策をして外出したとしても、「外出をしない」ことに比べたら断然焼けることはありません。外に出た瞬間、必ず紫外線の影響を受ける事必至なので不要な外出を控えることが手っ取り早い日焼け対策だと思います。しかし、日常生活の中でどうしても外出をしなければならない場合は「紫外線...

今の主な日焼け対策には、日焼け対策用のクリームを塗ったり、日光を浴びることを避けるという方法がありますが、意外なところで夜型生活をしてみるという方法があります。夜を中心に活動する夜型生活というのは、健康に悪そうなイメージがありますが、日光を浴びないでいられるという大きな利点があるのです。太陽が出ていない夜の時間に活動すれば、日光を浴びないですし、日焼け対策になります。しかし、多くの人にとって夜は寝...

私はアラフィフですが色白であまりしわがありません。シミは日焼け以外の要因で多少ありますが、肌年齢は若いと思います。日焼け対策は子供のころから母親に注意をされていました。必ず帽子をかぶること、日焼け止めを塗る事はいつも言われていました。母親は日焼け対策をしなかったためにもともとの色黒もありますが、シミやそばかすが顔じゅうにびっしりとできており、しわやたるみも早くからできていました。そのせいか、もとも...

私が住んでいるマンションは、リビングが南側にあるので日当たりが良く、窓も大きいため昼間は部屋がとても明るい所が気に入っています。夏場は太陽が高いのとベランダのおかげで、リビングに直接日が入ることはないですし、冬場は太陽が低いためかなりリビングに日が入り、冬でも暖かいです。でも、冬場は午前中にリビングでくつろいでいると、眩しいくらいに日が入るため、家の中での日焼けが気になりました。家ではほぼすっぴん...

30代半ば、子育て中の主婦です。もともと色白でしたが30を過ぎた頃から顔のシミや手のシミが気になりはじめました。最初に手の甲にできたシミを発見した時の悲しさは忘れられません(;_;))20代のうちは夏に日焼け止めを顔に塗るくらいはしていましたが、それではダメだ!!と思い、今は春夏秋冬、年中 衣服に隠れていない部分には日焼け止めを塗っています。まず顔についてですが日焼け止めを塗るといっても、お化粧の...

日焼けは今や女性男性に関係なく共通の悩み、対策になっていますね。しかしまだ男性の日焼け対策は、女性ほど重視されていない気がします。私は30代女性ですが、10代より20代、20代より30代と、年齢を重ねるのと比例して日焼けに対しての意識が強まってきています。若い時は日焼けだけに限らず、なんでも気にならなかったものですよね!しかし日焼けがなぜ年齢と共に気になってきているのかというと、それだけダイレクト...

夏に家族で海に遊びに行くことが多くあります。日焼けの事をあまり考えずに一度大失敗しました。対策なしで一日中遊んだら、完全に火傷状態。夜寝るのもヒリヒリして大変でした。なんども水風呂に入って火照った体を冷やしたのですが、ある日体中の皮がペロッと剥がれました。一週間ほどを無駄にした失敗経験を活かして、二度と同じ繰り返しをするものかと、海に行くときは準備万端で臨んでいます。まずは場所取りからが大切です。...

私は日焼け自体は嫌いではありません。ですが、20代半ばになった頃から紫外線を浴びると皮膚に赤みと痛みを感じるようになりました。それでも最初は夏用の薄手のパーカを着たり、タイツを履き日焼け止めを塗ることで日焼けを防いでいたのですが、日差しも強くなっているのでしょうか、近年はパーカーとジーパンを着ていても脱ぐときにヒリヒリしてしまうため外出がひどくつらくなっていました。夏の暑い中、厚着をするわけにもい...